あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
上海マスターズ2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/8~上海マスターズ2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

テニス     10/2~楽天ジャパンOP2017 ドロー、組み合わせ

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

ノバク・ジョコビッチ ストーリー 6歳で夢見たウィンブルドン優勝~素晴らしきコーチとの出会い

ノバク・ジョコビッチがテニスプレイヤーになると決めたのは、6歳の時だった。厳密に言えば、彼は6歳の時に、ウィンブルドンで優勝することを誓ったのだ。 きっかけは、レットブルピザーラ…両親がセルビアの山岳地帯、コパオニクという小さな町で営んでいたピザ屋だが、そのリビングにあるテレビである試合を見たためだった。

f:id:akatsuki_18:20150711133846g:plain

 

そこには、ピート・サンプラスがウィンブルドンで優勝する姿があったのだが、その瞬間、ジョコビッチは「いつの日か、あそこで優勝するのは僕なんだ!」と心に誓ったのだった。

知り合いにも、家族にもテニスをやっている人はいなかったし、母国であるセルビアではテニスは全く人気がなかった……にも関わらずだ。

ジョコビッチに言わせれば、テニスの人気のなさは、フェンシングのようなもの……ということらしい。実際、家族も知り合いも、テニスの試合を見たことさえなかった。

f:id:akatsuki_18:20150711133954g:plain

しかし、ジョコビッチは、4歳の時に小型のラケットとボールを両親にプレゼントされると、ひたすら壁に向かって打ち続けて遊んでいた…テニスはジョコビッチになぜかあっていたのだ。

そんなジョコビッチに、不思議な幸運が舞い降りるのは、まさに、ウィンブルドンで優勝することを誓ったその年だった。たまたま、道を挟んだピザ屋の向かいに、政府がテニスアカデミーを設立したのだ。アカデミーが設立されると幼いジョコビッチは、フェンスにかぶりついて生徒たちが練習する様子を見つめ続けていた。そして、数日間が過ぎると、エレナ・ゲンチッチという女性講師がジョコビッチに声をかけたのだ。

「これ、何かわかる? やってみたい?」

この瞬間から、ジョコビッチのテニス人生はスタートしたのである。

f:id:akatsuki_18:20150711160539g:plain

ジョコビッチはすぐにアカデミーの練習に参加することになった。ジョコビッチに声をかけたエレナ・ゲンチッチは、元プロテニス選手であり、コーチとしてモニカ・セレッシュの指導経験があった。ジョコビッチにとって、幸運だったのは、エレナ・ゲンチッチが素晴らしい、一流のコーチだったことだ。

テニスの技術指導はもちろんのこと、学ぶことの大切さを教えたのも彼女だった。ジョコビッチはアカデミーで、セルビア語だけではなく、英語、ドイツ語、イタリア語も学んだ。

また、実学だけにはとどまらず、クラシック音楽を聞いたり、詩を読むこともあった。こういった知的な学びは、後のジョコビッチにとって、とても大きい意味を持つようになる。つまり、ジョコビッチはテニス技術だけではなく、内面や精神性について学ぶ重要性を知ったからだ。

そして、ウィンブルドンの優勝を目指すジョコビッチは、とても優秀な生徒だった。毎日、サーブ、バックハンド、フォアハンドを何百本も打って、テニスの基本的な動きを体にしみこませた。歩くのと同じように、テニスの基本的な動きができるまで繰り返した。

また、両親は無理やりジョコビッチに練習をさせなかったし、コーチも決して叱ることはなかった。なぜなら、ジョコビッチはずっとテニスをしていたかったからだ。ジョコビッチはとにかくテニスが好きだったのだ。

こんなジョコビッチのことを、エレナは「ゴールデンチャイルド」と呼び、モニカ・セレッシュと同じくらい才能があると考え始めた。

ジョコビッチは大好きなテニスのとりことなり、「ノールがチャンピオンだ!」と鏡の前で、トロフィーに見立てたプラスチック、カップなどを立てては、悦に浸ることもしばしばだったのである。

ジョコビッチにとって、こうして幸せな時間は過ぎて行った。 しかし、11歳の時、人生が激変する。セルビアは戦火に巻き込まれることになったのだ…。

サイドストーリー『エレナ・ゲンチッチ』

f:id:akatsuki_18:20150711134420g:plain

f:id:akatsuki_18:20150711160807g:plain

エレナ・ゲンチッチは、ノバク・ジョコビッチが6歳の時から5年間指導を受けた初めてのコーチでした。ニューヨークタイムズに世界一のコーチと評されたこともあるゲンチッチは、フェンス越しに熱心に練習を見つめる少年に、興味と好奇心を持ったのです。

それが、きっかけで、ゲンチッチは少年にテニスのレッスンのてほどきを始めます。ゲンチッチは早くから、ジョコビッチの才能と意欲を見抜いており、熱心にレッスンを施しました。

また、時に自らが好む詩人・プーシキエンの詩を読んで聞かせるなど、テニスの指導にとどまらない関係を築いていきました。

そんなエレナ・ゲンチッチが亡くなったのが、2013年でした。

ジョコビッチはその訃報を聞くと、すぐにセルビアに帰国しました。

ちなみに、ゲンチッチに関して、ジョコビッチの父親はこう語っています。

「エレナは我々のファミリーなんです。今のノバクがあるのは、彼女のおかげです。ノバクは決して彼女のことを忘れることはありません。テニスだけではなく、人生に対するノバクの考え方を作り上げたのも彼女なのですから……」

次回のノバク・ジョコビッチ ストーリーは『戦火の夢…最も大切なものとは…』になります。

 ☆ジョコビッチ、錦織などテニス情報満載→こちら  
ノバク・ジョコビッチ ストーリー
☆戦火の中の夢…最も大切なもの→こちら
☆プロ転向~転機となった生涯ワーストの試合→こちら
☆オープンマインド…食事改善~生涯最高の瞬間→こちら
☆あとがき 稀有なプレイヤー ジョコビッチの強さの秘訣と格言→こちら

一部参照

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2015/7/11 13:51時点)