あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

女子W杯2015 なでしこジャパン帰国後、監督、宮間、宇津木、安藤、岩淵、澤、岩清水らコメント

女子W杯カナダ大会を終えたなでしこジャパンの選手達が、帰国後、会見を行いました。国内選手は早くも7月12日から、なでしこリーグの試合に出場する予定です。そして、なでしこジャパンは8月の東アジア杯、来年のリオ五輪最終予選に向けて活動を開始します。

宮間あや(MF・主将)

f:id:akatsuki_18:20150708140253g:plain

欲しかったワールドカップを手にすることができなかったので、その代わりになるものはない。(代表引退を示唆しており)1人の女子サッカー選手として、日々を大切に頑張っていこうと思います。

(女子サッカーについては)結果を出さない限り、人気が離れてしまう不安を抱えている。女子サッカーの試合のある日に、ユニフォームを来た数多くの女の子が試合に来てくれるような、サッカー文化を根付かせたい。

(代表に関しては)合宿の時間であったり、試合数を増やしてほしい。そうすれば、また違う経験ができる。

佐々木監督

悔しさもあるが、すがすがしさの方が大きい。世界か変われば、なでしこも変わらないといけない。次に世界を目指すには、プラスアルファが必要。

(リオ五輪については)前回が銀だったので、間違いなく金を狙う。まずは8月の東アジア杯にむけて、今週末のリーグ戦を視察する。

宇津木瑠美(MF)

すべて出し切った結果で、思い残すことはない。アメリカのすごさを感じた。また、これから成長していかないといけない。

自分ができないことを誰かがやってくれている(チームだった)。自分が特別、チームのために何かやったとは思っていない。みんなが良くやってくれた。日本の選手のボールを扱うスキルは世界で通用するということは、自信を持っていいことだなと思った。

   

岩清水梓(DF)

W杯を振り返っても、決勝しか思いつかない。いろいろな人から励ましをもらいましたが、もらうたび辛いので…。

(12日からリーグ戦がスタートするが…)切り替えないといけない。チームメイトの仲間を見るのが楽しみですが、その時には切り替えないといけない。(今後の代表については)まだ、何も考えていないです。

岩渕真奈(FW)

(負傷があり)先発から出るつもりでいたが、割りきって試合に出ていた。(ゴールは)自信を与えてくれた。次はスタートからやりたい。小さいパスは、なでしこが一番うまい。でも、それだけじゃ勝てない。もっと、ドリブルができる選手になり、1人でもフィニッシュに持って行ける選手になりたい。2大会連続でチーム最年少。これからは、プレー以外でも引っ張っていきたい。

澤(MF)

終わってみて、一言、楽しかった。このメンバーの一員でいられて、このメンバーで戦えてうれしかった。このメンバーだから、結果が出せたと思う。 先発で出るのは11人だけど、その11人が良いコンディションで出るために、スタッフやサブの選手がこれだけ支えてくれているんだと感じた。色々なことが学べた。

(今後については)正直わからない。所属チームで、経験してきたことを活かしたい。

(岩渕に対しては)前回と今回も一番年下で、これから背負っていかないと、他よりも経験がある選手なので、今後につなげていってほしい。

安藤梢(FW)

全治までは3か月かかる。早く元気な姿を見せたい。その先にリオ五輪がある。みんなにバンクーバーで感謝を伝えられて良かった。(白いぬいぐるみは)大切にしたい。

大儀見優季(FW)

ありのままの実力が出た。セットプレー対策はしていたが、相手が上回った。4点取られても、戦う姿勢は崩さなかったし、自分達らしさは最後まで貫けた。(準優勝に関しては)しっかりと自信を持って受け入れるべきだと思う。

川澄奈穂美(MF)

(リオ五輪は)金メダルを取っていないので、チャレンジしていきたい。負けて悔しいが、こういう経験があるからまた頑張れる。日本でおいしいご飯が食べたい。

阪口夢穂(MF)

終わった時は悔しさもありましたけれど、その後は切り替えてという感じだった。(リーグ戦は)疲れがないと言ったら嘘になりますが、みんなそういう状況で出ると思うので、頑張ります。

☆なでしこジャパン、今後の日程→こちら
☆なでしこジャパンの選手所属チームは?→こちら