あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/18ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田VSカチャノフ(32位)

高校野球2017 49代表校が決定!

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

速報      8/17ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田祐一VSジョアン・ソウザ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

世界陸上    世界陸上2017 決勝の競技日時・日程(日本時間で掲載・ロンドン大会)

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  女子団体・全日本実業団バドミントン2017 トーナメント・組み合わせ表

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

才色兼美 美女流アスリート図鑑Vol.6 岩渕真奈 バイエルン・ミュンヘン所属 なでしこジャパン、日本代表

W杯カナダ大会では、途中出場して流れを変える選手がいます。岩渕真奈はドイツに渡ったことで自信をつけ、プレーにも余裕を出せるようになりました。小柄ながら得意のドリブルで相手を置き去りにして、チャンスを演出する…まさに、次代を担う選手ですが、このページではなでしこジャパン、日本代表の岩渕真奈について掲載しています!

岩渕 真奈

f:id:akatsuki_18:20150626091059g:plain

東京都出身 

1993年3月18日生まれ 

155㎝/52kg 

ポジション:FW

所属:バイエルン・ミュンヘン 

兄はFC琉球所属の岩渕良太 

2歳の時に兄が所属していた関前SCでサッカーを始める。 

2005年に日テレ・メニーナに所属。 

2007年に1軍である日テレ・ベレーザに昇格した。 

2008年のU-17女子W杯では、3試合で2得点をあげ、大会MVPに選ばれた。この時、フランスのコーチは「女子サッカー界の未来のスター」になると称賛した。 

同年、アジア年間最優秀女子ユース選手賞、リーグ新人賞を獲得。 

2009年のU-19女子アジア選手権では、準決勝と決勝で決勝ゴールをあげて、MVPを獲得した。

f:id:akatsuki_18:20150626091358g:plain

2010年に日本代表に初招集される。 

2011年のドイツW杯では、5試合に途中出場している。 

また、この年のなでしこリーグではリーグ3位タイとなる9得点を挙げて、ベストイレブン、敢闘賞を受賞した。 

2012年のロンドン五輪には3試合に出場。 

ブンデスリーガ、TSG1899ホッフェンハイムを経て、2014年にバイエルン・ミュンヘンに移籍している。 

日本代表の国際Aマッチは27試合に出場して、3得点を挙げている。 

バイエルンでの2014年/15年シーズンは13試合に出場して、3得点を挙げた。バイエルンは39年ぶりに2度目のブンデスリーガ制覇を達成している。

男子の日本代表・宇佐美はドイツ時代に岩渕のプレーに感銘を受けたとされ、親交がある。

   

f:id:akatsuki_18:20150626091337g:plain

小柄ながら緩急をつけて、相手を置き去りにするとドリブル、決定力の高いパスが武器である。

ドイツに移籍した理由は「自分にはできないことが多すぎる」という感想を、ロンドン五輪後に持ったためである。 

移籍後は得意のドリブルを武器に活躍、優勝にも貢献した。それが、「自分の良さを出せば、海外でも通用する」という自信となり、気持ちに余裕が生まれるようになった。 

試合に出たら、「得点、アシスト、守備、どんな形でもいいからインパクトを出したい」と語っている。

f:id:akatsuki_18:20150626091510g:plain

f:id:akatsuki_18:20150626091525g:plain