あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

W杯アジア2次予選 シンガポールと引き分けた日本代表戦の監督、選手、セルジオ越後氏らの感想

ハリルホヂッチを新監督に迎え、親善試合で3連勝と良い形で来ていたかに見えた日本代表。しかし、シンガポールを迎えた初戦では、まさかの0-0、引き分けに終わりました。日本が一方的に攻める展開も、9人の守備を固めたシンガポールを崩し切れなかったのが原因です。決定機を何度も作っていた日本代表。しかし、結果は引き分けと伴いませんでした。結果がすべてのW杯なので、残念でしたが、出来のよさはどう判断したら良いか迷うところ。

ということで、おなじみのセルジオ氏や選手、監督の意見などもまとめてみました。

選手、監督、見識者の感想や意見

ご意見番のセルジオ越後氏

「工夫がない。二次予選だったのが幸い」

f:id:akatsuki_18:20150617033127g:plain

親善試合とは違い、相手が研究すると何もできない。裏のスペースを消した相手に展開力、スキルがなかった。選手はおびえていた。厳しく追及されたとき、跳ね返したり、楽しむ文化が日本にはない。

裏を消されて、柴崎のパスが出せなくなり、本田、香川も良くなかった。狭いところで崩せない。縦への速さを求めてプレーしていたが、工夫がなく、裏へ飛び出せないのに同じやり方をしていた。二次予選だったのが幸いした。

参考出典:セルジオ越後氏、“格下”相手のドローに未来を案ずる「過去と何が変わったの?」

   

城彰二「冷静さ、判断力、連携不足」

開幕戦はホームで格下相手でも、緊張感があり難しい試合になる。9人が中を絞って守っているのに、真ん中を強引に攻めいていた。サイド攻撃が徹底されなかった。両サイドバックが、局面を打開する力が不足していた。パスワークの距離が近く、サイドチェンジなどがほとんどなかった。3人目の連動性がなかった。交代がうまく機能しなかった。チーム全体のコンディションも良くなかった。総じて、冷静さ、判断力、連携が欠けていた。

参考:<城氏が語る>なぜハリルJは無得点に終わったのか。 

ハリルホヂッチ

19回ほど得点機を作り試合を支配したが、このような試合は経験したことがない。結果にはがっかりした。選手には、次に向けてしっかりと点を取ろうと言った。1点を取ればすべてが変わったゲームだった。

ダイアゴナルな(斜めの)な逆サイドのパスを選手に要求して、相手を崩そうとしたが、まだ実現できなかった。私がプレッシャーをかけすぎたのかもしれない。GKが良かった。運がなかったというわけではなく、他の要素もある。冷静に分析したい。

本田圭佑

「切り替えないと」

予選の難しさを再確認できた。これを乗り換えないと、W杯では戦えない。もう少し誰かが個人的に決めるべきだった。臨機応変さが足りない。向こうの出来が良かった。

香川

「悔しい」

悔しい。他に言葉が出ない。これが自分の現状、実力。練習するしかない。もっとボールを引き出したり、ボールを受けたい。ホームのファンには申し訳ないけど、前を向いてやっていきたい。

岡崎

自分の責任

前半のうちに決めていれば、決まっていた試合。自分に責任がある。こういう試合を何回もやっているから、またかというのがある。ゴールを決めて、落ち着かせる、重要な役割を担わないといけない。

イングランド人記者

シュートの精度が低すぎる。ゴール前でパニックになっている。落ち着かないといけない。

ベルント・シュタンゲ(シンガポール代表監督)

センセーショナルだった。コンパクトに守備し、カウンターを狙った。日本は試合開始直後と後半開始20分間に、信じられないプレッシャーをかけてくる。そこをしのぐことを指示した。GKイズワンの守備は素晴らしく、いづれビッククラブでやる選手だと思う。Jリーグはどうでしょう? 

日本の選手はシーズンを終えた選手がいて疲労があり、集中力に少し欠けていた。

GKイズワン・マフブト(シンガポール代表)

日本に攻め続けられたが、みんなのおかげでこの結果が出せた。セーブすることだけを考えた。