あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      2/18~ハンガリー・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      2/18~ハンガリー・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

ジャンプ    速報2/8 高梨沙羅:第12戦

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

バドミントン  2/11~女子バドミントン アジア団体選手権2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  2/11~男子バドミントン アジア団体選手権2020 試合結果、組み合わせ

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

錦織圭が全仏OP2015の心境を語る「得たものも大きかった」

全仏OP2015では、準々決勝まですべてストレート勝ちで勝ち進んだ錦織圭。クレーコートシーズンを通して調子の良さを維持しており、その勢いのまま、準々決勝にのぞむも、地元フランスのツォンガにセットカウント2-3で惜しくも敗戦しています。

手ごたえと課題が見つかった全仏OP。錦織が、その心境を語っています。

錦織の公式ブログの要約

f:id:akatsuki_18:20150608235115g:plain

ツォンガに負けたのは「すごく悔しかった」と錦織圭は語っています。ただ、初のベスト8入りに、「得たものも大きい」とテニスの質が上がっていることに、手ごたえを感じているようです。

ただ、ツォンガ戦に関しては、序盤からミスが重なり、「焦りが出た」と語っています。また、その焦りから、頭に血が上り、強風のせいなどにして、「悪い方向に行ってしまった」と語りました。確かに砂埃が目に入るほどの強風の中での試合は、やりにくさがあったようです。

また、1セット目を取られ、2セット目が2-5となったところで、アクシデントが起きました。強風の影響で、観客席に風よけが落ちたのです。そのため、かなり長い間、試合が中断となりました。この時、錦織は「自分のことで精いっぱいだった」そうです。この時の心境は、体が冷えないうちに、早く再開したいという気持ちでした。

しかし、実際はこの中断を利用して、コーチから話を聞くことができたのです。結果、「真っ白だった頭に少し光が見えた」と言います。通常、流れが悪い選手にとって、中断が入ることは悪いことではありません。中断によって、相手の流れが変わることがあるからです。しかし、確かにこの時、錦織は、とにかく急いでいる印象がありました。冷静さに欠けており、全仏OP準々決勝の雰囲気に、飲まれていた部分もあるかもしれません。

とにかく、この中断により流れが変わり、錦織は2セットを取り返すことができました。中断により、「良いプレーが出始めて、自信を取り戻すことができました」と錦織。中断後は自分を取り戻して、プレーの質も上がり、ウィナーなども取れるようになりました。しかし、第5セットになると、勢いを取り戻したツォンガに、敗北を喫しています。

   

このことについて、「紙一重だった」が、「最後のセットに集中力が保てなかった」とも語っています。大会前に、BIG4との差は「ここぞという時の集中力」と語っていた錦織。くしくも、大事な準々決勝で、その集中力が勝負を分けました。

ただ、「全仏でプレーするのが最近は楽しみ」と語る錦織は、来年についても、「戻ってくるのが楽しみ」と期待をしているようです。

そして、現在はアメリカに戻って、芝のシーズンに向けて、つかの間の休息を取っているということです。

日本で応援しているファンにとっても残念な結果となった全仏OP。しかし、準々決勝、さらにその上と勝ち残ることで、四大大会に対しても、その雰囲気に慣れることができるのではないでしょうか。そうすれば、もっと良いプレーができるようになると思います。そういう点で、今回の全仏OPは、「得たものも大きい」大会になったということでしょう。

☆錦織&トップ選手の情報満載→トップページ