あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/28~全米オープン2017

8/21~世界バドミントン選手権2017

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     8/28~全米オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      8/19ウエスタン&サザンOP2017 準々決勝 杉田祐一VSグリゴール・ディミトロフ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

世紀の凡戦!? パッキャオVSメイウェザー ボクサーやみんなの感想は…?

日本時間の5月3日に、300億円とも240億円とも言われる大金が動いたパッキャオVSメイウェザーの1戦が行われました。当サイトでは事前に、関係者の予想をサーチしていましたが、結果はほぼ予想通りメイウェザーの判定勝ちとなりました。

ただ、想定外だったのは、意外なほど見せ場が少なく、メイウェザーが完全に勝利に徹して、ひたすらに勝つことのみに終始したことです。結果、打ち合いなどもほとんどなく、見せ場もないまま試合が終わりました。観客からは、ブーイングまで起きました。

一般席のチケットは5分で売り切れ、オークションにかけられたチケットは1千万円にまで昇り、世紀の一戦とうたわれた対戦。しかし、その実は「勝者なき試合」となったのかもしれません。このページでは、そんなパッキャオVSメイウェザー戦について、関係者の声をまとめながら迫っていきたいと思います。

 ☆パッキャオVSメイウェザーの関係者の勝敗予想→こちら

メイウェザーVSパッキャオ

f:id:akatsuki_18:20150424012742g:plain

 出典:http://oriisa.com/

試合は、6階級制覇のパッキャオが、47戦無敗、5階級制覇をしているメイウェザーの鉄壁のディフェンスの前に敗れ去ったかっこうとなりました。判定は118-110、116-112、116-112と、メイウェザーの完勝。この結果、メイウェザーは48戦48勝と勝ち星を積み上げました。

試合内容は、パッキャオが左ストレートで圧力をかけるも、試合巧者のメイウェザーが左ジャブでけん制しながら、右のカウンターを狙う展開で始まりました。4回にはパッキャオが左ストレートを直撃させ、メイウェザーをロープに追い込み、連打を放ちます。しかし、メイウェザーはしっかりガードを固めてしのぐと、ジャブを打って体勢を立て直しました。この後は、メイウェザーが得意のディフェンス技術と勝負所をおさえたカウンター攻撃で、攻め続けるパッキャオから有効打を許しませんでした。

試合後のコメントの要約

20150222_113316

 出典:http://oriisa.com/

パッキャオは「彼は何もしませんでした。私は勝ったと思います。良い試合でした。彼は試合をコントロールしていました」と消化不良の一戦を振り返りました。また、試合後には対戦前に肩を負傷していたことが明らかになりました。

一方勝利したメイウェザーは「パッキャオは素晴らしいボクサーです。私はアウトサイドからうまく立ち回り、前に出て、コーナーに攻撃をまとめてこようとするパッキャオに対処しました。私はじっくり攻めないといけないことがわかっていました。この試合結果の判断は歴史が告げてくれるでしょう」と語っています。また、あと1試合で引退することも示唆しました。

試合のデータ

20150222_112732

 出典:http://oriisa.com/

手数:メイウェザーは435、パッキャオは429 

ヒット数:メイウェザーは148、パッキャオは81 

強打:メイウェザーは168発中81発(48%)、パッキャオは236発中63発(27%)

   

関係者の感想

村田諒太「勝者なきリング」

出典:http://www.joc.or.jp/

ロンドン五輪金メダリスト・ミドル級の村田諒太は「僕の採点では115-113でメイウェザー。この試合は悪い方のメイウェザーが出ていた。パッキャオはパンチのスピード、反応も良かった。メイウェザーのスタミナ、守備はさすがだったが……お客さんも満足しない、勝者なきリング。メイウェザーだから許される内容。録画を見たいとも、再戦を見たいとも思わない試合だった」と厳しい評価となりました。

亀田興毅「心臓に毛が生えている」

亀田興毅20140712.JPG

出典:http://boxing-onepunch.blog.so-net.ne.jp/

「ピリピリするすごい緊張感のある試合だった」と、亀田興毅は評しています。また、メイウェザーの集中力のすごさ、観客を敵に回してでも自分のスタイルを貫くハートの強さを絶賛していました。

パッキャオについては、自分らしさを出すことができなかったとみています。そんな、パッキャオのうまさを封じたメイウェザーの技術の高さも絶賛しています。ファイトスタイルが似ているだけに、共感を持てる部分もあるのかもしれません。

ちなみに弟の大毅は、パッキャオが勝つと予想しましたが、試合内容には両者のすごさを見たと感想を述べています。そして、兄と同様に、メイウェザーの心臓の強さに驚嘆していました。

その他の感想「記録には残るが、記憶には残らない試合」

オスカー・デ・ラ・ホーヤ

photo credit by:Ring side Boxing Event / Photo: Kevork Djansezian

出典:http://in44y.com/

注目度の高い試合だっただけに、著名人も感想を述べています。為末大、お笑いのホンコンなどは「パッキャオが勝ちだったのではないか」とツイートしました。レポーターの川平慈英は「判定差がつく試合だったのだろうか?」と疑問を呈しました。関取の稀勢の里は「予想通りだった」と述べました。

日本ではパッキャオが人気なだけに、どうしても応援している方を中心に観戦してしまうものなので、こういった声が聞かれるのも納得できます。実際、ネットを見ても同様で、パッキャオに勝ってほしかったという意見が多かったです。

印象に残るコメントとして「記録には残るが、記憶には残らない試合」だったという意見がありました。いいえて、的を得ているような気がしました。みなさんは、どのような感想をお持ちでしょうか? 

最後に、6階級制覇の元王者、両者との対戦があるオスカー・デ・ラ・ホーヤが戦前に語ったコメントを紹介して、記事を終えたいと思います。

「3年前なら間違いなく(勝つのは)パッキャオだが、今はメイウェザーだ。しかし、間違いなくリスペクトされ続けるのはパッキャオだ。」