あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/13-イタリア国際2018 ドロー決定!

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
イタリア国際2018→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     5/13~BNLイタリア国際2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送

速報      5/18イタリア国際2018 準々決勝 錦織圭VSジョコビッチ(ローマ・マスターズ)

テニス     5/27~全仏オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送、出場選手

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

カーリング   5/18~女子パシフィックアジア・カーリング 日本代表決定戦2018 結果、テレビ放送 LS北見VS富士急

速報      5/18女子 パシフィックアジア・日本代表決定戦2018・第1試合 LS北見VS富士急(カーリング)

速報      5/19女子 パシフィックアジア・日本代表決定戦2018・第3試合 LS北見VS富士急(カーリング)

卓球      5/22~卓球女子 香港オープン2018 試合結果、組み合わせ、出場選手 石川、伊藤、平野らが参加予定

卓球      5/22~卓球男子 香港オープン2018 試合結果、組み合わせ、出場選手

バドミントン  5/20~女子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果、組み合わせ、テレビ放送(ユーバー杯)

バドミントン  5/20~男子・世界バドミントン国別対抗戦2018 試合結果、組み合わせ、テレビ放送(トマス杯)

速報      5/21ユーバー杯2018 日本VSカナダ

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

速報 5月1日ボクシング三大ビックマッチ 村田諒太、三浦隆司、八重樫東戦

5月1日(金)の17:00よりボクシングの三大ビックマッチが行われます。WBC世界スーパー・フェザー級王者の三浦隆司は、ナイスガイ、元王者のビリー・ディブと対戦します。ディブは2階級制覇への挑戦となります。

激闘王の八重樫東はソンセーンレック・ポスワンジムとの対戦です。スーパーフライ級に上げ、3階級制覇を目指すための再起戦となります。

そして、ロンドン五輪の金メダリスト、村田諒太は、初の世界ランカー戦に挑みます。相手は、グットボーイと呼ばれるダグラス・ダミアオ・アタイデです。共に礼儀正しいボクサーですが、試合は熱戦を期待しましょう!

☆田口の試合結果→こちら/内山の試合結果→こちら
 ☆三浦隆司と対戦相手・ディブの情報/村田諒太とアタイデの情報/八重樫東と対戦相手の情報

   

〇三浦隆司VS×ビリー・ディブ 

 WBC世界戦に向け、調整するスーパーフェザー級王者の三浦隆司=14日、東京都新宿区の帝拳ジム

出典:http://www.sankei.com/

1R:ディブが戦前に話していたように、間合いをはかりながらの攻防となっています。三浦が出たところを、パンチで合わせてきています…

2R:三浦が距離を詰めようと前に出るも、ディブは距離を取る作戦を継続。それでも、三浦が強引に前に出て、得意の左ストレートを放っていきます…

3R:三浦がこのラウンドも強引に前に出ます。少々の被弾も気にせず、強引な前への圧力があります。ボディ、ワンツーで、ディブをコーナーに追い詰めました!……そして、伝家の宝刀、強烈な左ストレートがさく裂! ディブが腰から崩れ落ち、レフリーが試合を止めました! 見事なTKO勝利です!

〇八重樫東VS×ソンセーンレック・ポスワンジム

yae2

出典:http://yuutre.com/

2R2分TKO勝利!(2分過ぎに八重樫が飛び込んで右フックをヒットさせます。さらに、相手が出てきたところを、右フック一閃、カウンターが決まり、ソンセーンレックがガクリと崩れ落ちた瞬間、レフリーストップ、見事な再起戦を飾りました!

村田諒太VSダグラス・ダミアオ・アタイデ

村田諒太さん

  出典:https://www.oaj.jp/

1R:互いにガードを固めて、様子をうかがう立ち上がりです。

2R:じりじりと村田が前に出て、フック、ボディ、ストレートなどのコンビネーションも繰り出していきます。近づきたくないアタイデは中間距離を保ちながら、右ストレートなどを繰り出してきます。

3R:村田が左ジャブなどパンチを放ち、顔面を何発かとらえます。アタイデもフックを打って、反撃してきますが村田がボディ。終盤には村田が、ワンツー、ボディ、右フックとコンビネーションで攻めました!

4R:アタイデはジャブを使って、けんせいしてきます。村田もフック、ボディなどで反撃していきます。そして、カウンターをあてるも、アタイデが大振り気味のパンチを連打してきます。村田はクリンチで逃げます。アタイデも攻撃で積極性を見せます。

5R:左ジャブを中心に攻めていく村田。そのジャブから、右ストレートでアタイデをマットに沈めます! 村田は連打で攻めにかかり、ラッシュ。最後は得意の右ストレートでTKO勝利!