あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


12/13~バドミントン・ファイナル2017

GO Kei! 2018スケジュール掲載!

12/16~ジャンプ女子W杯・団体戦!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     ブリスベン国際2018 出場選手、テレビ放送 錦織圭の復帰戦

速報      12/16ジャンプ女子W杯2017 第4戦

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子シングルス 試合結果、出場選手

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子ダブルス 試合結果、出場選手

速報      12/2サッカー・W杯2018 組み合わせ、抽選会

速報      11/26クイーンズ駅伝2017

卓球      11/27~卓球女子 世界ジュニア2017 試合結果、出場選手

卓球      11/22~卓球女子 スペイン・オープン2017 試合結果、出場選手

カーリング   11/2~女子 パシフィック・アジア2017 LS北見が出場!

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

井岡一翔が三階級制覇に挑む! 対戦相手は最強王者・レベコ!

ファン・カルロス・レベコVS井岡一翔→速報

放送日時(TBS):4月22日(水)19:59~21:56
場所:大阪府立体育会館

ミニマム級、ライトフライ級の元王者である井岡一翔が、三階級制覇をめざし、8度の防衛を続けているWBA世界フライ級王者・ファン・カルロス・レベコに挑みます。レベコは現在、35勝1敗(19KO)の強敵です。

叔父の井岡弘樹がはたせなかった3階級制覇ですが、井岡家の悲願をめざし、井岡一翔が最強王者をどう攻略するのか注目の1戦となります!

   

井岡一翔(いおか かずと)

スパーリング公開前に会見する井岡一翔(中島信生撮影)

出典:http://www.sankei.com/ 

1989年(平成元年)3月24日生まれ 

大阪府堺市出身 

165㎝ 

リーチは168㎝ 

17戦16勝1敗(10KO) 

元WBA・WBC世界ミニマム級統一王者、元WBA世界ライトフライ級王者 

父親は元ボクサーの井岡一法。その弟で、一翔の叔父が井岡弘樹(元世界二階級制覇) 

中学1年生でボクシングを始め、高校の時には6冠に輝く 

2009年にプロに転向 

2010年にライトフライ級王者になる 

2011年にWBC世界ミニマム級王者になる(日本最速を更新) 

2012年にWBAの八重樫を破り、ミニマム級の統一王者となる 

2012年末にはWBAライトフライ級王者となり、プロ11戦目で二階級制覇を達成した(日本人最短記録) 

2014年5月にIBF世界フライ級王者のアムナット・ルエンロエンと対戦するが、判定負け。プロ転向後に初黒星を喫した 

井岡の長所は数多くあるが、距離感やポジショニングなどディフェンス面での評価が高い。また、駆け引きや冷静さなど、勝負に徹する賢さもある 

キレのある左ジャブを得意としており、コンビネーションなどで攻めていく。また、左ロングフックも得意としている 

オスカー・デラホーヤを理想の選手として挙げている 

自称・村上水軍の末裔と語っている 

北野武映画のファン

ファン・カルロス・レベコ

出典:http://blog.kuruten.jp/asikawa

(右が王者のレベコ)

アルゼンチン出身 

1983年8月25日生まれ 

157㎝ 

リーチは162㎝ 

36戦35勝1敗 

第22代・25代WBA世界ライトフライ級王者 

第74代WBA世界フライ級王者 

世界2階級制覇をしている 

好戦的なスタイルを好む 

近年はアルゼンチン内での試合が多い 

31歳という年齢がどう影響するかに注目である