あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


12/13~バドミントン・ファイナル2017

GO Kei! 2018スケジュール掲載!

12/16~ジャンプ女子W杯・団体戦!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     ブリスベン国際2018 出場選手、テレビ放送 錦織圭の復帰戦

速報      12/16ジャンプ女子W杯2017 第4戦

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子シングルス 試合結果、出場選手

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子ダブルス 試合結果、出場選手

速報      12/2サッカー・W杯2018 組み合わせ、抽選会

速報      11/26クイーンズ駅伝2017

卓球      11/27~卓球女子 世界ジュニア2017 試合結果、出場選手

卓球      11/22~卓球女子 スペイン・オープン2017 試合結果、出場選手

カーリング   11/2~女子 パシフィック・アジア2017 LS北見が出場!

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

4月16日世界戦・速報 山中慎介がディエゴ・サンティリャンを7ラウンド36秒でKO勝利! 8度目の防衛に成功!

山中慎介VSディエゴ・サンティリャン

放送日時:19時56分~20時54分(日本テレビ)

WBC世界バンタム級タイトルマッチが大阪府立体育会館で行われます。帝拳所属、「神の左」と称される山中慎介が、「幽霊」と呼ばれるサンティリャンを迎え撃ちます。この挑戦者・サンティリャンは23戦中、全勝、15KOと強敵になります。8度目の防衛戦となる山中は、どう攻略するのでしょうか!?

速報

1R:探り合いの序盤です…特にサンティリャンはアルゼンチン内でのみの試合のため、あまり情報が多くありません…山中の強烈な左がサンティリャンをとらえていきます…サンティリャンはフックをまじえて反撃を試みます

2R:サンティリャン、鼻血が出ています…山中は自分の間合いで戦っています。サンティリャンなかなか、前に入れません…2分すぎに山中の強烈なボディーが入ります…山中のパンチが的確に相手の顔面を打ちます

3R:山中が右のジャブを使って、うまく自分の間合いを取っています…サンティリャンは山中のボディーを時折うってきます…このラウンドも山中が数回、相手の顔面をとらえました

4R:サンティリャンの右フックは大振りとなり、空を切ります…1分すぎに山中の左がとらえます…サンティリャンも打たれた後に反撃でフックを飛ばします…終盤、山中がボディ、顔面に打っていきます

ここまで、ジャッジは3人とも40-36で山中にポイントをいれています

5R:山中の左が顔面に入ります…再びとらえ、サンティリャンがのけぞります…サンティリャンの顔は赤く染まっています…終盤は右のジャブも的確に入っています…サンティリャン、マウスピースを吐きだしました

6R:2分寸前、山中が右のジャブでガードをあけ、左のストレートでダウンを奪います…山中がたたみかけ、左、右を打ち込みます…しかし、挑戦者も粘りました!

7R:右のアッパーから、カウンターパンチの左がサンティリャンの右ほほを見事にとらえ、1分たたずにKOです!(36秒)

スポンサーリンク

   

みんなの応援

 

山中慎介

main image

 出典:http://prtimes.jp/

滋賀県湖南市出身 

1982年10月11日生まれ 

171cm 

第65代日本バンダム級王者 

第29代WBC世界バンダム級王者 

所属:帝拳ボクシングジム 

辰吉にあこがれボクシングを始める 

高校時代にサウスポーに転向し、粟生隆寛、李冽理といった後に世界チャンピオンになる選手とも対戦経験がある 

2006年にプロデビュー 

2010年に安田幹男を7回TKOで破って日本バンダム級王者になる 

2011年11月にはクリスチャン・エスキベル(メキシコ)と対戦し、両者がダウンを奪い合う白熱した戦いになる。11回に山中がしかけ、TKOで勝利し、未敗のまま世界王座にのぼりつめた 

その後、7度の防衛に成功している(うち判定勝利2回、KO5回)

ディエゴ・サンティリャン

8度目の防衛戦に臨むWBCバンタム級王者の山中慎介(右)と、挑戦者のディエゴ・サンティリャン=大阪市内のホテル

 出典:http://www.kyoto-np.co.jp/

アルゼンチン出身 

161cm 23戦で全勝・15KOの実力者 

変則的な右アッパーやフックを得意としている

スポンサーリンク