あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
上海マスターズ2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/8~上海マスターズ2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

テニス     10/2~楽天ジャパンOP2017 ドロー、組み合わせ

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

あかつきミステリー研究会vol.2 雪男(イエティ)の正体を探れ…

 雪男とはUMA(未確認生物)とされる、降雪の多い地方で時々目撃される生き物です。その正体は謎とされていますが、いったその正体とは何なのでしょうか。あかつきミステリー研究会で、雪男を調べました!

   

雪男

 出典:http://www.gettyimages.co.jp

ヒマラヤ山脈ではイエティ、ロッキー山脈ではビッグフット、日本の中国山地ではヒバゴン、中国では野人と呼ばれ、実に様々な地域で出現している雪男。共通するのは人里離れた山奥に住み、二足歩行で歩き、全身が毛むくじゃらであるということです。多くの目撃証言がありますが、その多くはヒグマ、グリズリーなど熊と見間違えたと言われています。それ以外の説として、毛皮を着た猟師、猿人、ギガントピテクス(アジアに生息していた巨大類人猿の化石種)といったミステリアスな説まで存在しています。
ヨーロッパではゴリラを19世紀まで、架空の生物だと信じられていたように、雪男が存在している可能性を指摘する人もいます。実際に、ロシアのケメロヴォ州で開かれた国際会議では、ケメロヴォ州に95%の確率で雪男が実在するという結論が出ています。
一方、ヒマラヤのシェルパ族がヒグマを「イエティ」と呼んでいたり、ブータンでは「雪男」を「メギュ」、チベットでは「テモ」と呼びますが、それはヒグマを指す言葉でした。というように、クマのことを雪男と山の人々は呼んでいるようですね。世界的な登山家のラインハルト・メスナーもヒグマと結論付けています。

 

雪男の歴史

1832年:ネパールの初代イギリス代理公使ブライアン・H・ホジソンが論文で探検の最中、謎の生物を発見したと発表した。
1889年:イギリス陸軍中尉のL・オースティン・ウォデルがイエティの足跡を発見したと発表。

出典:http://www.gettyimages.co.jp 

1951年:エベレスト登頂を目指したイギリスのエリック・シプトン率いる第8次英国エベレスト登山隊が、イエティの鮮明な足跡を写真におさめること成功し、ロンドン・タイムス紙に掲載された
1954年:イエティの頭皮や手首の骨をヒマラヤの僧院で『デイリー・メイル』紙が派遣した探索隊が発見。
1986年:イギリス人のアンソニー・ウールドリッジが、ヒマラヤを単独で登山中、斜面にたたずむイエティを発見し、その姿を世界で初めて写真にとらえた。
その後は、ビデオで雪男が撮影されたり、足跡が何度も発見された。
参考:登山家執念の調査!ヒマラヤの雪男、ついに正体バレる 
こういったエベレスト探検と雪男は密接につながっているという説があります。登山の資金を得るために、雪男伝説が利用されたという説です…あながち、否定できない説ですね。今も昔も、人は未知なる生き物に興味があるのです。
ネパールの寺院にあるイエティの頭部とされるもの

 雪男(イエティ)の正体が遂に判明!伝説に終止符が打たれることに!

出典:http://takashi1016.com/ 

 

科学的な調査

1960年のヒラリー探検隊の調査

「イエティの足跡」はキツネのもの。
ネパールのラマ教寺院に保存されている「イエティの頭皮」はカモシカの一種のもの。
「イエティの鳴き声」はユキヒョウのもの。
大きなイエティ「チュッテー」の毛や糞はヒグマのもの。
中くらいのイエティ「ミッテー」の毛と糞はカモシカのもの。
小さなイエティ「テルマー」の毛と糞はアカゲザルのもの。 
 (ネパールの人々は、イエティには3種類いて、チュッティ、ミッティ、イエティとその大きさで呼んでいる)

出典:イエティ - Wikipedia

オックスフォード大学のDNA調査

イエティとされる毛などを調査した結果、古代ホッキョクグマの遺伝子と一致した。

Polarbear spitzbergen 1 雪男(イエティ)の正体が遂に判明!伝説に終止符が打たれることに!

 出典:http://takashi1016.com/