あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
ゲリー・ウェバー2018→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   2018-2019 LS北見の大会スケジュール・日程

テニス     7/2~ウィンブルドン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送、出場選手

テニス     7/30~シティ・オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送、出場選手

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

卓球      7/17~卓球女子 韓国オープン2018 試合結果、組み合わせ、出場選手 石川、伊藤、平野らが参戦

卓球      7/17~卓球男子 韓国オープン2018 試合結果、組み合わせ、出場選手

卓球      7/24~卓球女子 オーストラリア・オープン2018 試合結果、組み合わせ、出場選手 石川、伊藤、平野らが参戦

卓球      7/24~卓球男子 オーストラリア・オープン2018 試合結果、組み合わせ、出場選手

バドミントン  7/30~女子単 世界バドミントン2018 試合結果、組み合わせ

バドミントン  7/30~女子複 世界バドミントン2018 試合結果、組み合わせ)

バドミントン  7/30~男子単 世界バドミントン2018 試合結果、組み合わせ)

バドミントン  7/10~女子単 タイ・オープン2018 試合結果、組み合わせ

バドミントン  7/10~女子複 タイ・オープン2018 試合結果、組み合わせ)

速報      7/15タイ・オープン2018 決勝 高松ペア

速報      7/15タイ・オープン2018 決勝 奥原希望VSシンドゥ

速報      7/14タイ・オープン2018 準決勝 高松ペア

速報      7/14タイ・オープン2018 準決勝 奥原希望VSベイウェン・ツァン

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

女子プロレスの殴打事件について 一ファンとして心が痛みます

 

僕はgoogleトレンドの急上昇ワードをもとにした記事『みんなのトレンド』を、月曜以外・ほぼ毎日書いています。

それで、先日、女子プロレスが急上昇ワードに入ったので、とても珍しく感じました。

内容を調べると、女子プロレス団体スターダム・ワールド王者の世IV虎選手が後輩のワンダー王者・安川悪斗選手と喧嘩マッチになり、相手の顔面を骨折するまで殴打したという痛々しいものでした。スポーツ新聞のネットの記事には、目が腫れて、まるで事故にあったかのような安川選手の写真が出ていました。

安川選手は鼻骨、頬骨を骨折して、手術を受けました。

元々白内障で手術したことがあり、網膜剥離の危険もあるとのこと…ここまで、どうして試合がエスカレートしてしまったのでしょうか?

 

僕が残念に思ったのは、こういった話題で女子プロレスやプロレスがクローズアップされてしまうことです。

ただでさえ、一般的に話題にならないのが、プロレスの現状です。ネガティブなイメージが一層ついてしまいます。

二番目は、なぜ、ここまで試合がいきつくまでに止められなかったのか・・・試合を見ていないので何とも言えない部分はあります。しかし、裁いたのは和田京平というベテラン中のベテラン。最も有名なレフリーです。試合中に、世IV虎に「チャンピオンなんだぞ! しっかりやれ!」と叱ったということ。それでも、世IV虎選手は止まらなかったのですね…。

GMは風香さんという元美人レスラー。宣伝などでがんばっていたのは知っていますし、権限がどうあるのかもわかりませんが、元選手の立場としてもう少し、事前に対処できなっかったのでしょうか。あとは、上層部も同様です。一番責任があるのは、上層部でしょうから…。

確かに、王者同士の対戦のメイン戦で、観客も期待しています。そんな中で、試合内容が悪ければ、止めにくいものです。

メインは最後の試合だから、最も重要で、その興行の印象を決めるものだからです。

 

ただ、結果を見れば、試合をもっと早く止めるべきでした。

しかし、できなかったのは、やはり残念です。

確かに、プロレスでは殴り合いになることもあります。

過去にはセメントマッチといって、本気で相手を極める=骨を折ってしまうなんていう試合もありました。

有名なセメントマッチは前田日明とアンドレア・ジャイアントの試合です。

 

ただ、今回は明らかに、感情のもつれによるもの。

僕としては、プロレスが好きなので、今回の件は心が痛みました。

 

世IV虎選手は無期限停止処分になった…

世IV虎の画像

 出典:http://ja.wikipedia.org/