あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

片山右京物語『道』 「道はまっすぐなだけじゃない。曲がりくねっていたり、坂があったり、この先に何があるのかは、立ち止まって見ていただけではわからない」

片山右京

出典:http://d.hatena.ne.jp/tokori/200412 

 

1963年に生まれた片山右京は未熟児でした。
右京という関西風の名前は、叔父である慶応大学の教授・片山左京にちなんだものです。
医者である父親は、食事の時に口をきくことさえ許さない厳格な父親で、傍らには木刀を置いているような人でした。
ちなみに右京は未熟児で生まれたこともあり、体が小さい子供でした。
でも、元気だけは人一倍。
とにかく『道』が好きな子供で、どんどん道の先を進んでいくのが好きでした。

 

「道はまっすぐなだけじゃない。曲がりくねっていたり、坂があったり、この先に何があるのかは、立ち止まって見ていただけではわからない」

 出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/175357217

 

中学時代の右京は背は低いものの、運動神経がきわめて高く、陸上部に所属していました。父親が山が好きで、その影響で右京もよく山に登り、自然と足腰が鍛えられていたのです。
高校の時には当時の流行りの影響で髪を赤く染めていました。しかし、不良ではなく生徒会長をやるような不思議な生徒だったようです。
この時、右京はバイクに魅せられ、免許を取って2か月後には200キロを出して走っています。スピードに魅入られたのはこの時からです。

 

 出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/138777800

 

18歳になると、早速、普通自動車の免許を取りました。
ぎりぎりまでブレーキを踏まず、アクセルをできる限り踏んでいたので、コーナーでよくひっくり返っていました。
右京はよく峠道で10年落ちのトヨタのカローラで、腕に自慢のあるGT車と勝負をしていました。そして、車の性能は圧倒的に劣るものの、常に大差で勝利していました。

 

高校三年の時には富士スピードウェイで走るために、150万円の中古のレーシングカーを購入しました。維持費、修理代などを含めると、年間で300万円がかかります。
右京は車を購入した筑波サーキットの工場で、同時にメカニックのアルバイトとして働き始めました。

 

 出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/173808766

 

1984年には鈴鹿に移動します。
しかし、最初は住む場所もなく、ライトバンの荷台に寝泊りしていたこともあります。
この頃の右京は、昼間には世話になっている社長のガレージで溶接などのメカニック、夜はスナックでアルバイトをしていました。とにかくお金はすべてレースにつぎ込んでいたのです。バイト先のスナックではしばしば、つまみで出すせんべいを失敬して、夕食にしていました。いつも、生活は苦しく、腹をすかせていたのです。
 

出典:http://home-baking.net/bread/roll-bread/roll-bread.php 

 

唯一のごちそうは、電気ストーブで焼くロールパンでした。
貧乏な右京は車の性能も当然、パワーもなく最低という状態でした。そのため、ストレートでは全く抜けないため、コーナーでぎりぎりまでブレーキングを遅くする右京のドライバーテクニックでカバーしていました。
右京はこの年、FJ選手権で優勝を飾りました。

 

 

 出典:http://www.zap-mf.co.jp/result.html

 

1985年になると、右京にも転機が訪れます。日産のハセミ・モーター・スポーツからF3選手権に参戦することになったのです。
ここでも、ワークスドライバーではないため、車は自前で、性能は劣るものでした。成績はこの時、総合で6位でした。
この頃、右京の目は遠く、ヨーロッパに向いていました。
F1の世界にはアイルトン・セナ、プロスト、マンセルなど、素晴らしいドライバーが出現していたのです。
こうと決めたら動く右京。まずは、偵察とばかりに成田空港へ!
エールフランスのカウンターの受付の女性に言いました。

 

 

 出典:https://curation.ameba.jp/article/register?clientId=1

 

「パリまで大人一枚」

……スタートはともかく、この瞬間に片山右京のF1への道がつながったのです。

 

出典:http://www.kurumaerabi.com 

 

to be continued

 
※こちらの記事は右京の著書「負け、のち全開」を参考に、構成しています。


Team UKYO

 

負け、のち全開

中古価格
¥443から
(2015/2/8 22:07時点)

 

   

 

 関連記事


片山右京物語『再起』 「人の尊さを学んだ」 元F1ドライバーが逆境から這い上がった理由とは…… - あかつきスポーツ放送局